風俗ライフ〜桃源郷への入り口〜

 >  > 実際はレベルが高くない風俗

実際はレベルが高くない風俗

かなりレベルが高いと言われている女の子でしたが、実際に利用してみるとその辺にいる普通のデリヘル嬢でした。もう少し何か特別な技術があるのかなと思ったのですが、顔も普通だしスタイルも普通だし、結局は何もおもしろいところのない女の子でした。こちらとしてもあまり面白くないなと思いながら遊んでいたのですが、それが向こうに伝わってしまったのか、向こうも全然やる気を出してきませんでした。やる気がない風俗嬢というのは最悪だと思いますし、そういう奴が一番大嫌いです。風俗の世界でしっかりとお客さんを集めたいのであれば、評判に見合うだけのサービスをしなければいけないと思います。もしかしたら相手を見てサービスを変えているのかもしれませんが、自分の中ではなんでこの女の子に人気が集まっているのかは全く理解することができませんでした。人それぞれ好みが違うのかもしれませんが、絶賛されるほどの風俗嬢ではなかったと思います。

出張先で初デリヘル体験

デリヘルは自宅やアパートに呼ぶ性サービスとは知っていましたが、地元ではどうしてもけいけんすることができませんでした。別に有名人ではありませんが、万が一誰かに見られたらと思うと恐怖がありました。そこで出張したときに初めてデリヘルを経験することを考えました。ホテルのベッドの上でスマートフォン片手にしばらく固まっていましたが、意を決して電話しました。利用したデリヘルはSという店で、たくさんの女の子が揃っていました。正直どの子にするかかなり悩みましたが、出勤情報と自分の好みでRちゃん(21歳)にしました。彼女は某女優に似ており、かなり清楚で、正直デリヘルで働いていることがもったいないようにすら思いました。とはいえホテルにやって来て彼女とのプレイが始まったのですが、とにかく素股のテクニックが素晴らしかったです。ヌチヌチといやらし音が部屋に支配し、あっという間に射精してしまいました。あまり早漏ではないのですが、おかげで時間内に2回射精することができ、以後デリヘルにハマりました。

[ 2015-03-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ